06-4302-4933
【重要】視力低下予防の無料電話相談 引き続き受付中!

紙の書籍と電子書籍のどちらが目に悪い?

結論を先に言うと、やはり電子書籍の方が目に悪いです。 
近年、スマホやタブレットの普及により、便利な電子書籍を使う方が増えています。 ディスプレイは自らが光を発しており、読書で画面を凝視する状態になりますから、電子書籍での読書は目を疲れさせる要因が多いのが事実です。 
この間近で見る光が有害ですので、電子書籍の方が悪いということになります。 
子供の勉強のテキストもタブレットに変わりつつもあります。 
光(特にブルーライト)には気をつけてください。 
とはいえ、紙の書籍でも暗いところでの読書や長時間読み続けることは、目に負担を掛けるのも事実です。 
適度な休憩をとりつつ、読書や勉強に励んでください。 
まずは予防から! 
簡単、便利な通信指導で良い視力を! 

~オンライン視力回復センター~ 
北海道地方 
北海道視力回復(通信) 
東北地方 
青森視力回復(通信) 
岩手視力回復(通信) 
宮城視力回復(通信) 
仙台視力回復(通信) 
秋田視力回復(通信) 
山形視力回復(通信) 
福島視力回復(通信) 
中部地方 
新潟視力回復(通信) 
富山視力回復(通信) 
石川視力回復(通信) 
福井視力回復(通信) 
山梨視力回復(通信) 
長野視力回復(通信) 
岐阜視力回復(通信) 
静岡視力回復(通信) 
愛知視力回復(通信) 
名古屋視力回復(通信) 
三重視力回復(通信) 
中国地方 
鳥取視力回復(通信) 
島根視力回復(通信) 
岡山視力回復(通信) 
広島視力回復(通信) 
山口視力回復(通信)
四国地方 
徳島視力回復(通信) 
香川視力回復(通信) 
愛媛視力回復(通信) 
高知視力回復(通信) 
九州地方 
福岡視力回復(通信) 
佐賀視力回復(通信) 
熊本視力回復(通信) 
大分視力回復(通信) 
宮崎視力回復(通信) 
鹿児島視力回復(通信) 
沖縄視力回復(通信) 

コメントを残す